くたばりかけの梟は何を観る

プレイしたエロゲの感想や旅行記など。

『七つのふしぎの終わるとき』応援中です!

なんでいきなりこんな記事を投下したのかというと、毎月の購入報告と不定期のエロゲ感想や申し訳程度の旅行記だけではブログとして味気ないよな……とふと思い立ったので、これから毎月発売前の個人的な注目エロゲを取り上げてエロゲブログとしての存在をよりアピールしてみようじゃないかという試みです。
基本的に自分が期待しているエロゲを取り上げますが、一応世間一般で注目度が高いと思われる作品も触れようかなと思います。まあそんな感じですので、暇つぶしにでもどうぞ。
あと注目度が高そうな作品でも体験版などをやってつまらんと思った場合は毒を吐くと思うので、そういうのが嫌いな方は見ないほうが良いです。
※体験版配布情報は11月9日時点のものです。
【2017年11月発売予定の注目エロゲ】の続きを読む

e5341a45.jpg


今月もいつの間にかエロゲの日を迎えておりました。なんだかんだで今年ももう終わりに近づいてるんですね。
10月はノラと皇女と野良猫ハート2一本釣り。すたじおポークの人妻ゲーも買う予定でしたが、まだ買えてないのでそのうち買います。

ノラとと2は前作がシナリオはともかく、コメディパートが肌に合ったので癒やし用として。
現在プレイ中でユウラシアルートに入りましたが、うーーーーーーーーーーーーん微妙……。まあ笑えるは笑えるんで目的は果たしていると言えるんですが、やっぱりこのライターにシナリオを期待するのは無茶だったのかなぁと。
あ、今月発売された「ようこそ実力至上主義の教室へ」7巻が大変面白かったこともここに記しておきます。みんなも読もう!

以下拍手返信。
>>レミニリコレクト感想にくれた方。
お久しぶりです。うーん、七ふしぎ、大図書館、レミニと来るとはなんだか自分と感性がとても近い気がして妙な親近感を抱いてしまいますw
やっぱり途中までが面白いだけに後半の失速具合とEXルートの無意味さが目立ちますよねぇ……このライターの作品は私は大好きなんですけど、どれもこの傾向があるので別のに手を出そうとしているなら気を付けてください。
良い作品と出会えることを願っております。

作品名ノラと皇女と野良猫ハート
メーカーHARUKAZE発売日2016年2月26日
原画大空樹、日下部ハルカ(サブ・SD)、亜門(サブ)、ひずみ(サブ)シナリオはと
小鳥居夕花、遥そら、神代岬、桐谷華、雪ノREN、都乃、しろめムービー森井ケンシロウ
対応OSWindows Vista/7/8.1/10お気に入り度7/10
ディスクレス点数75
プレイ時間約19時間


前作・ らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE! で色んな意味で鮮烈なデビューを飾ったHARUKAZEの新作の感想になります。
うーーーーん、評価に困るんですよねぇこの作品。まあ全体的にはヒロインルートの格差が凄まじかったり、我が道を往く強烈なポエムなどで暴走しがちだった前作よりかはだいぶその辺が抑えられてマイルドにはなりましたが(これを成長と見るか牙が抜けたと見るかは触れる人次第か)、本質はそこまで変わっていないなという印象です。
魅力的なキャラとノリだけで突っ走り崖から落ちながらも無事に着地しました! と笑顔でゴリ押すような掛け合いも健在。好きな人には堪らないバカゲーではありますが、難点はやはりシナリオか。
らぶおぶと今作でライターの持つストーリーに対する美学が見えてきたような気がします。

以下は詳細な感想(一部ネタバレ部分は反転で読めるようにしています)。
【ノラと皇女と野良猫ハート 感想】の続きを読む

75aa7efa.jpg


エロゲの日です。今月は個人的な期待作が多かったはずなんですけど、プレイする前からちょっと萎える評判とかクソ仕様が舞い込んでいて、辛い月になりそうです。どうしてこうなった。
それは置いておいて今月は面影レイルバック、星降る夜のファルネーゼ、義母の滴ゴミの三本。

レイルバックは一番期待している一本。
ノスタルジックな雰囲気が良いし、樹里ちゃん可愛い、シナリオも面白そうで私の今年発売エロゲ期待値ランキングでは上位に位置していました……が、Twitterのフォロワーの一人が未完成ゲー報告してたんですよね……延期の帝王ハイクオだし、もう不安しかない。
ノラととの感想書きながら最初にプレイしようと思います。良い意味で裏切ってくれないかなぁ……。

ファルネーゼは体験版が中々面白かったので。
ボーカルが残念過ぎるOPとバグ関連を頑なに無視し続けるミィティ広報と発売日前に200MBパッチを出すという明らかに完成してない状態でマスターアップしました感全開で不安でしたが、Twitterでの評判は割と良く、救世主になりそう。
でも面白かったとしてもメーカーの姿勢が気に入らないので素直に喜べなさそうなのが悲しいですね。

義母の滴は内容以前の呪われたゴミ。
発売するまでDMM GAME PLAYERとかいう極悪ツールによる起動が必須という事実を隠した挙句、発売日にこっそりメーカーサポートページにDMM GAME PLAYERについての仕様を追記するという徹底した闇討ち。しかも延期した上にこれで更に体験版時点で発覚していたバグも完全放置。TinkerBellはどうしてもユーザーに喧嘩を売りたいご様子。
公式には一回オンライン認証すれば以降はオフライン起動可なんて書いてますが、実際の所はDMM GAME PLAYERをオンラインで起動しないと使えないという詐欺仕様。初回起動時にDMM GAME PLAYERが義母用の無駄に大きなファイルDLし始めるし、パッケージ版とは一体……TinkerBellのゲームは二度と買いませんし、早く潰れろと思いました。
ちなみにアンインストールもDMM経由からじゃないと出来ません。これなんてウィルス? 延期我慢してお金払ってこれとか笑えねぇよ。

今月は作品内容以前にメーカーの姿勢が酷いのばかりで色々と失望させられた月でしたね。しょうもないわ。特にTinkerBellだけは許せない。はよ潰れろ。

以下は拍手返信。
>>大図書館感想にくれた方。

画集入手とはやりますねぇ! 大図書館FDはメインもサブも結構薄い内容なので満足できるかというと微妙かもしれませぬ。
ユースティアは大図書館とは大分毛色が違いますし、ストーリーもそこまで捻ってはないですが、作りがとても丁寧なので安定して楽しめるかと。大図書館でシリアス分が物足りなかったのなら一考の余地はあるかと思います。

作品名ゴールデンアワー
メーカーNIKO発売日2017年7月28日
原画南浜よりこシナリオ小西翼、垂花(夏未、すずルートアシスタント)
夢乃ゆき、hanaムービーKIZAWA Studio
対応OSWindows Vista/7/8.1/10お気に入り度7/10
ディスクレス点数76
プレイ時間約19時間


moreの新ブランドNIKOの第一作目・ゴールデンアワーの感想になります。
まあ新ブランドと言っても今までと何が変わったのかは分かりませんが……ともかく、前作・少女マイノリティはシナリオがヘボすぎたこと以外は好きだったので、再び南浜よりこさん原画(しかも今回は単独!)でちょっと暗めで儚さ漂う青春モノなんて出されたらシナリオがどうせ陳腐でダメなんだろうなぁと思いつつも買ってしまうわけです。夢乃ゆきさんの歌最高だしね。
結果は……演出面等では少し成長が見られましたが、まーたシナリオが力不足過ぎて全体の足を引っ張ってるなぁと。ライターも良くないのだろうけど、プロットを作っているであろう代表もダメな気がします。
本作のシナリオを一言で表すなら「独りよがり」ですかね。

以下は詳細な感想(一部ネタバレ部分は反転で読めるようにしています)。
【ゴールデンアワー 感想】の続きを読む

このページのトップヘ