『七つのふしぎの終わるとき』応援中です!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

先月はセット版以外あまりにも気になるエロゲがなかった(そのセット版であるPULLTOPパックも延期した)のでお休みしてしまいましたが、今年もまったりやっていきますね。

基本的に自分が期待しているエロゲを取り上げますが、一応世間一般で注目度が高いと思われる作品も触れようかなと思います。暇つぶしにでもどうぞ。
あと注目度が高そう(人気ありそう)な作品でも体験版などをやってつまらんと思った場合は毒を吐くと思うので、そういうのが嫌いな方は見ないほうが良いです。
※体験版配布情報は2月2日時点のものです。
【2018年2月発売予定の注目エロゲ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
作品名Lingeries
メーカーM no VIOLET発売日2001年5月25日
原画みうらたけひろシナリオ鈴木幸一
歌唱者不明(イメージソング、ED有り)。ムービーなし
対応OSWindows 95/98/ME/2000お気に入り度7/10
ディスクレス点数60
プレイ時間約5時間


肉感的な絵と気合の入った下着デザイン、社会人モノ、セクシャルハラスメント・SLGというジャンルに惹かれ購入……したは良いものの、エロ、SLG、シナリオ部分どれをとっても中途半端な出来で期待外れでしたね。
名作になれる素質はあっただけに悔やまれます。ちなみに私がプレイしたものは新パッケージ版になります。対応OS、主人公の名前変更の可否以外は特に変更はなさそうでした。

以下は詳細な感想。
【Lingeries 感想】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9682198f.jpg

112e749f.jpg


今年ももう気付いたら終わりでした。ということで2017年最後のエロゲ購入報告です。
今月は眠れぬ羊と孤独な狼とBALDR MASTERPIECE CHRONICLEの二本(といっていいのか)。

眠れぬ羊は前回の記事で書いたとおりの大本命。今年はレイルバックとか期待した作品ほどハズレたので、そろそろ当たって欲しいという願いを込めつつプレイします。
あと抽選会で当たり引いたので原画家ののりざねさんのサインも頂きました。冊子とかじゃなく、パッケージに書いてもらえると満足度高いですね……家宝にします。
ふと思いましたけど、パッケージに宛名有りのサインってユーザー的には嬉しいですし、メーカーとしては中古対策にもなりそうでうぃんうぃんな感じがしますね。クソゲーだった時に売却が難しくなるのがつらいですが。

BALDR MASTERPIECE CHRONICLEはなんだかんだスカイ、ハート、ゼロしかやってないので残りのものをやるいい機会だなと。サントラやボーコレ、ドラマCD、特典兵装類も付いてきますしね。これで三万は安い安い。
ものすごくゴツいパッケージだったので物欲がありえん満たされました。

MIBUROは最後まで買うのを悩みましたが、やはり年末年始は何かと入用でお金が吹き飛んでいったので見送り。来月旅行するからね、しょうがないね。

では今年のブログ更新もこれで最後なので良いお年を~(もしかしたら眠れぬ羊の感想あげるかもしれませんが)。来年も佳い作品に巡り会えると良いですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
では今月もやっていきますね~。

基本的に自分が期待しているエロゲを取り上げますが、一応世間一般で注目度が高いと思われる作品も触れようかなと思います。暇つぶしにでもどうぞ。
あと注目度が高そうな作品でも体験版などをやってつまらんと思った場合は毒を吐くと思うので、そういうのが嫌いな方は見ないほうが良いです。
※体験版配布情報は12月18日時点のものです。
【2017年12月発売予定の注目エロゲ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
作品名円交少女2 〜JKアイドル真鈴の場合〜
メーカーFrill発売日2017年11月24日
原画恋泉天音シナリオ丘野塔也、若林浩太郎、瑞守ねおん
yuikoムービーgram6design
対応OSWindows 7/8/10お気に入り度8/10
ディスクレス点数80
プレイ時間約4時間


前作から二年以上もの時を経てようやく、ようやくリリースされたFrillの円交少女シリーズ最新作の感想になります。

今作では枕営業がメインに描かれるため、同じテーマを据えていた手垢塗れの天使を超えられるのか、久しぶりの恋泉天音原画のFrill作品ということで注目していました。
結果としては全体の完成度、という点では超えられたのかなぁと。シナリオに関しては個人的には手垢塗れのほうが好みでしたが、こちらはこちらでまた別のアプローチを見せていたので楽しめましたね。
ロープライス作品としては十分な出来だったと思います……が、作品規模としてはミドルプライスのそれでやるべき物だった感触なので、その辺りは残念でした。
後は一応、本作はシリーズ物の二作目ですが、前作との繋がりはサブで続投キャラが一名いるぐらいなので、前作をやってないと話がわからない等ということはなく、こちらからのプレイでも問題なしです。

以下は詳細な感想(一部ネタバレ部分は反転で読めるようにしています。また、ネタバレしない程度に手垢塗れの天使の主人公と本作の主人公を比較していますが、ご了承ください)。
【円交少女2 〜JKアイドル真鈴の場合〜 感想】の続きを読む

このページのトップヘ