75aa7efa.jpg


エロゲの日です。今月は個人的な期待作が多かったはずなんですけど、プレイする前からちょっと萎える評判とかクソ仕様が舞い込んでいて、辛い月になりそうです。どうしてこうなった。
それは置いておいて今月は面影レイルバック、星降る夜のファルネーゼ、義母の滴ゴミの三本。

レイルバックは一番期待している一本。
ノスタルジックな雰囲気が良いし、樹里ちゃん可愛い、シナリオも面白そうで私の今年発売エロゲ期待値ランキングでは上位に位置していました……が、Twitterのフォロワーの一人が未完成ゲー報告してたんですよね……延期の帝王ハイクオだし、もう不安しかない。
ノラととの感想書きながら最初にプレイしようと思います。良い意味で裏切ってくれないかなぁ……。

ファルネーゼは体験版が中々面白かったので。
ボーカルが残念過ぎるOPとバグ関連を頑なに無視し続けるミィティ広報と発売日前に200MBパッチを出すという明らかに完成してない状態でマスターアップしました感全開で不安でしたが、Twitterでの評判は割と良く、救世主になりそう。
でも面白かったとしてもメーカーの姿勢が気に入らないので素直に喜べなさそうなのが悲しいですね。

義母の滴は内容以前の呪われたゴミ。
発売するまでDMM GAME PLAYERとかいう極悪ツールによる起動が必須という事実を隠した挙句、発売日にこっそりメーカーサポートページにDMM GAME PLAYERについての仕様を追記するという徹底した闇討ち。しかも延期した上にこれで更に体験版時点で発覚していたバグも完全放置。TinkerBellはどうしてもユーザーに喧嘩を売りたいご様子。
公式には一回オンライン認証すれば以降はオフライン起動可なんて書いてますが、実際の所はDMM GAME PLAYERをオンラインで起動しないと使えないという詐欺仕様。初回起動時にDMM GAME PLAYERが義母用の無駄に大きなファイルDLし始めるし、パッケージ版とは一体……TinkerBellのゲームは二度と買いませんし、早く潰れろと思いました。
ちなみにアンインストールもDMM経由からじゃないと出来ません。これなんてウィルス? 延期我慢してお金払ってこれとか笑えねぇよ。

今月は作品内容以前にメーカーの姿勢が酷いのばかりで色々と失望させられた月でしたね。しょうもないわ。特にTinkerBellだけは許せない。はよ潰れろ。

以下は拍手返信。
>>大図書館感想にくれた方。

画集入手とはやりますねぇ! 大図書館FDはメインもサブも結構薄い内容なので満足できるかというと微妙かもしれませぬ。
ユースティアは大図書館とは大分毛色が違いますし、ストーリーもそこまで捻ってはないですが、作りがとても丁寧なので安定して楽しめるかと。大図書館でシリアス分が物足りなかったのなら一考の余地はあるかと思います。