くたばりかけの梟は何を観る

プレイしたエロゲの感想や旅行記など。

『七つのふしぎの終わるとき』応援中です!

エロゲイベントレポ

昨日行って参りました。大分前に行われたチケ抽選を二連続で外した時はキレそうでしたが、なんとかなるものですね。
暴れたりするのが苦手でゆっくり聴きたい派の私としてはライブよりもコンサート形式が合うので、手に入れられて良かったです。トラベリング・オーガスト以来のエロゲイベントなのでテンションも上がる上がる。

e1aa7c4b.jpg


12時ちょっと過ぎに物販の整理券を貰いに行った時はあまりの人の多さに「あ、これBOX買えんやつや」と敗北を悟りそうになりましたが(まあ、実際Dグループに入る前にシャツのXLは全滅していてBOXもヤバいのでは感がありましたが)、一応整理券はランダムですからね。
結果はDグループと遅い方でしたが、買えました。良かった良かった。買えなかったら多分泣いてたと思います。しかし、チケットのデザインもクッソお洒落だぁ……。



当日のセットリストは上の方が物凄い速さで挙げておられたので拝借。不味そうなら消します。

まずは挨拶代わりだとでも言わんばかりの癸さん制作のOPムービーとシモツキン攻勢を全身で受けました。生でシモツキンの歌を聴くのは初めてでしたが、声ほんと透き通ってんなと声量凄いですねとしか言えん。自分は一階の10列目辺りでしたが、良い意味でうるさいくらいでした。一番前の人とか失神するんじゃないですかね?

で、その後は上のセトリ通り進んでいく訳ですが、リストを見ると分かるように作品ごとにある程度塊で分かれているんですよね。で、その作品のパートに入る前にエロゲーマーにはお馴染みのムービー屋、癸乙夜さん制作の登場人物の顔や手が黒で塗りつぶされている童話のイメージムービーというか絵本のような空気を纏った、作品の概要と重要シーンを纏めた感じのムービーが流れるのですが、これの出来がまた良いんですよね。
曲の世界へ入る前にこちらの手をそっと握って気付かぬ内にその場まで案内してくれる。かなり見入りましたし、魅せられました。やっぱ癸乙夜は神だってはっきりわかんだね。イノグレ系列と組んでいる時の氏のムービーが一番好きなので、次も期待しています。地味に七つの大罪を各作品に当てはめているのも良い感じでした。

あとセトリに書いてないものとしてはOPが終わった後にあじ秋刀魚、葉村奈緒、優稀澪のお三方によるネアニスの卵の朗読。その後も別の場所でプルガトリオの羊などもちょいちょい入っていました。

殻とクロウカシスしかやってない自分にムービーはネタバレのオンパレードでしたが、普通は全部クリアしたファンが来るものだし、作品を深く掘り下げるならネタバレ部分もガンガン触れないとどうしようもないので、完全に私の落ち度ですね。虚以外は元々ネタバレ踏んでたので軽傷でしたが。ともかく、このコンサートを機に近々ちゃんと他の作品もやりたいと思います。

で、どの曲も良くて、腹の底に響いてくる迫力があったのですが、個人的に一番良かったのはPPパートの「蝶」ですかね。
元々好きな曲ですし、この曲に入るまではクラシック寄りで、そこでいきなりギターなどが前に出てきて、ジャズっぽいものに変わったっというのもあるのですが、もうただただ、良かったなとしか。サビ前の下を向いたライトがゆっくりと上へ上がっていくのも蝶が羽ばたく様子を表しているようで巧いなあと。
迫力で言うなら月の虚とか翡翠の美羽も負けてなかったのですが、蝶は別格だったかなと。

あと印象的だったのはMCとかが一切入らないでスタッフやそういうものが製作者サイドとして第四の壁を破って観客の前に出てこなかったことですかね。演奏にしてもムービーにしても朗読にしてもあくまで作品としてしか姿を出さなかったのは粋だなぁと。スタッフロールが流れる頃には本当に一つの作品が終わったんだなという充実感がありました。ケツは正直、とても痛かったですが。
個人的にイノグレ曲で一番好きなSnow dropも二回も聴けましたし、思い残すことは……

有るんですよねぇ。それはセトリからも分かるようにNoesisの曲が一切流れなかったこと。
いや、イノグレのコンサートだし、わかるといえば分かるのですが、Flowersも流れてるし、何よりaya Suekiと優稀澪のご両名が居るならば期待してしまうわけですよ。I.P.やMask、もう少し、甘くも無い罠が聴きたかった……聴きたかった……KAKO♪さんも居るし、ifもやれただろうしなぁ……正直、今回のだとシモツキンの独壇場な感じがしなくもなくて、他の方がもったいないような気もしましたし。いや、良かったですし、ないものねだりなのは分かっているんですけどね。

こんな感じでしょうか。単に良かったというのを言いたかっただけなので、レポにはなっていませんが、以上です。

……そういえば、新作の天ノ少女は読みは「テンノショウジョ」なんですかね? それとも「ソラノショウジョ」? 個人的にはカラとも掛かっていて後者だと良いなという感じですが。
ともかく、それまでにもう全くと言っていいほど覚えていない殻とやっていない虚をちゃんとプレイしたいですね。

あ、あと今年ももう終わりなのでよいお年を。多分年内更新は最後なので。恋カケ感想をもしかしたら年内に挙げるかもしれませんが、微妙です。正月休み中には挙げます。たぶん。

※思い出しながら書いてるので実際とは違っている部分がある可能性があります。

3061dfa1.jpg


行ってきましたトラベリング・オーガスト!
いやあ、自宅の最寄り駅から一つ離れた駅でチケットを忘れたことに気づいた時はどうなることかと思いましたが、なんとかなるものですね。会場入りは開始十五分前くらいとギリギリでしたが……駅→自宅→駅と大して距離無い上にアホみたいな注文にも嫌な顔ひとつせず了承してくれたタクシーの運ちゃんには感謝。貴方が居なければ私は今日、一人暗い部屋で枕を濡らしていたことでしょう。


eeec1980.jpg


会場に入ると五つの花束が。(写真上で三つしか無いのは単に全部撮るの面倒臭かっただけ)これを見てそういえばオーガストって戯画PBだったなあと思い出す。

コンサートが開始するとまずはFAのBGM二曲がピアノソロでお出迎え。私はA席の後半でしたけど普通に見やすかったですねー。(ちゃんとしたコンサートホールなんだから当たり前ですが)
BGMのあとはそのままFAのターンで扉ひらいて、ふたり未来へ→It'my precioud time!→Pure Message→赤い約束→ひとしずく→(ここから大図書館パート)BGM何曲か→Dear Smile→夢飼い日和→明日への栞→(ここからユースティア)BGM六曲のメドレー→Asphodelus→親愛なる世界へ→Tears of Hope→休憩。実質物販タイム。→(瑠璃色パート)BGM→Lapis Lazuli→Marginality→深青Philosophy→(ファンBOXパート? はにはにパート? ぶっちゃけこの辺りはは何処で流れたかの記憶が曖昧です)divergent flow→jewelry days→Eternal Destiny(これは瑠璃色の曲ですけど榊原さんは連続で歌ってたので間違いではないはず)→歴代主題歌メドレー
と言った順番で流れて行きました。

BGMでは画面上でCGや背景を流し、ボーカル曲ではOPムービーの映像を編集したモノが流れていました。私はぶっちゃけユースティア以降のゲームしかやってないのでこの演出は新鮮な気持ちで観れましたね。ステージ上のドレスアップしたアーティストのみなさんも非常に綺麗でした。
ちなみに司会進行は清美ねえ……ゲフンゲフン生天目さん。各作品の紹介や軽い演技も見せてくれて目と耳が幸せでした。しかし、目の前で瞬時に声を切り替える所を目にすると流石がは声優さん! って感じで感動しますねー。

FAパートの中で一際目を引いた赤い約束は本来のLiaさんではなく(事情のため来れなかったそうです。代わりにビデオメッセージ)ЯIREさんがボーカルを務める特別verでした。個人的にはこっちのほうが好きだったり。
大図書館パートでは一番好きなBGMだったwhite pop! が流れたことで満足。その後の夢飼い日和は本来のものよりテンポを落としたスローver
ただ、BGMと言えばやっぱりユースティアが一番オーケストラにマッチしてた気がしますね。ヴァイオリンやチェロの弦楽器隊が活き活きとしていた感じがします。そして、そのBGMに聴き入っている時に間髪をいれずに入るAsphodelusは圧巻。声量凄くて腹の底にまで響いている感じでした。ただ、若干気合い入りすぎて音外してる気もしましたがそこはご愛嬌。
でも、Propy laiaとClose My Eyesがなかったことが不満。折角CeuiさんとЯIREさん居るのに……

休憩もとい物販タイムでは休憩ですと言われた瞬間に忍者みたいな姿勢で走って行く一部の方たちが残念でしたね。まあ、実際ピアノアルバム売り切れてたし焦る気持ちは分からんでもないけど、通販あるんだから走ることはないでしょ……あ、私ですか? 勿論ピアノアルバムは買えませんでしたよ(死)まあ、目当てのレコーディングアルバム、パンフ、袋は無事入手できたのでよかったですが。あと、物販の茶髪ショートのレイヤーさんが可愛い上に笑顔が素敵だった(小並感)
後半戦は大好きなLapis Lazuliで胸を熱くしつつ、ラストの歌姫の皆さんがステージに総結集しての歴代主題歌メドレーで死にました。大図書館パートでストレイトシープ流れなくて残念に思ってた所でアノ全員で歌う豪華verが出てきましたからね。そりゃ死ぬわ。
ついでにその後のceuiさんの自己紹介で萌やされるのも駄目押し。あの歌声からはクール系のイメージしかなかったから本当に意外でしたね。

とまあ、グダグダに纏めましたが、全体のクオリティは非常に高くて充実した時間を過ごすことが出来ました。ライブみたいに騒がなくてもまったり聴き入ることが出来るのもGOOD。99.9% Blueは流して欲しかったけど。


ただ、ねぇ? 最後の出演者の方の自己紹介が終わって退場してる時に多分物販目当てだったのかな? 急いでホール出て行く人が居たのは残念。強制ではないから仕方ないけどさ……でもスタッフロールがすぐに流れ始めた時に何人か慌てて戻ってきた時はクソ笑った。会場も笑ってたわ。
それに閉幕後に何処かのガキが気弱そうなおじさんに向かって「どけよおっさん」とか罵声飛ばしてたりしてるの見て悲しくなった。なんでああいうこと言うのかなあ……

思わず、愚痴ってしまいましたが、やっぱりコンサート自体は凄く良かったと思います。
これで五千円なら安い安い。大阪で参加する方は是非楽しみにその時を待っていて下さい。後悔する、なんてことは万に一つもないはず。



おまけ
b7e3391b.jpg


大大吉やったぜ! 並べ方が汚いのは眠気のせい。

全く関係ないけどレミニセンスの色紙当たった。やったぜ。
208445a7.jpg

そんな訳で「波間の国のファウスト」発売記念イベント クロノスインベストメント株主総会に行って来ました。

※イベントの内容については緘口令が敷かれたため一切書きません。


ただ、唯一許可が出ていたモノもあるのでそちらをご紹介。

54e48611.jpg


そう、会場で販売されていた飲食物。ちなみに信じられないかもしれないけど、一番上の悪ふざけとしか思えないふぁいなる煮干し祭りは用意している数が少なかったとはいえ、速攻で完売してました。(しかも、イベント開演前に)
全く物好きな奴らだぜ。
画像が荒いのは暗闇で撮った写真を無理やり視認できるレベルまで加工したせいです。流石にメニューは撮影許可下りていたとはいえ、会場内でフラッシュ使って写真撮るなんて無粋な行為は出来ないからね。


9c90e979.jpg


んで、早速ふぁいなる煮干し祭りとハゲタカを注文。うん、しょぼい(断言)
ふぁいなる煮干しはごくフツーの今川焼きとごくごくフツーの煮干し+アーモンドを皿に乗せただけ。信じられるか、これで500円もしたんだぜ?
まあ、つぐみちゃんの愛情とにぼジィの努力が滲んでいると思えばやす……いや、高いわ。
ハゲタカもフツーのコーラ割りハイボール。この後、いちごみるくの奴も頼んだけどやはりフツー。まあ、こういうのはこの場で注文することに意味があるからね、仕方ないね。

ちなみに会場はぼっち勢は割りと少なかった感じなので単騎で乗り込んだ自分には物凄いアウェー感が。
てか、エロゲーマーの友達ってどうやって見つけるんだよ、周りにエロゲやってる奴なんて一人も居ないぞ! しかも、ファウストみたいなゲームを愛好してる奴とか更に少ないやろ!


そして濃厚すぎるイベントが終わりサイン会へ。
いや、このイベント、ファウストファンとしても一エロゲーマーとしても大変有意義なイベントでした。出すお題や出演陣のキャラの濃さ、スタッフのエロゲに掛ける情熱が伝わってきて大変面白かったです。
ホント、夜勤明けの身体に鞭打ってでも来て良かった。超充実。まあ、流石に四時間座りっぱなしはケツが悲鳴を上げたけどね。


d3f8db32.jpg


そして今回のお目当て、佐藤心さんのサインもバッチリ頂いて来ました。また俺の家宝が一つ増えてしまった。
にしても、何より嬉しかったのは少しの期待とともにHN名乗ったら佐藤さんが「ハゲタカ好きな方ですよね、良く存じております」と反応を示してくれたこと。以下の様な感じ。


今回みたいなゲームを最も楽しんだ方は梟さんなのではないかと思いながら~~~(聴き取れんかった)こちらも励みになりました。

ほぼイきかけたわ、マジで。お世辞入ってるだろうとはいえ、ライターさんにここまで言ってもらえるとか俺明日死ぬんじゃなかろうか。感想ブログやってて良かったとこの日程思ったことはない。まあ、そのお陰で頭真っ白になったせいで、ありがとうございます連呼することしか出来んかったけど(白目)
まあ、最後に次回作期待していますと言えただけ良しとしよう。にしてもこういう時だけ無駄な記憶力を発揮する俺はどうかと思う。
あと、、帰り際に鈴谷まやさん、藍川珪さん手渡しの来場者プレゼントがありましたがそれは秘密。でも、正直一部の方はこれと似たようなおみやげが別の創作物でもあったよなと思い、ニヤリとしそう。

ちなみに弱小ブログのウチで、異様に拍手数多いのがこの「波間の国のファウストの感想」だったりします。

そして、最後にこの哀れな梟めは謝罪をしなければなりません。それは……


比較的後ろの座席なのを良い事に、鈴谷さんのおっぱいの谷間を何回かガン見しました。(大罪)
ヤバイと思ったが、性欲を抑えきれなかった。もう二度としません……多分

このページのトップヘ