DSC_0012_20201226182019

皆様~!(sora子)(故人)(うろ覚え)

今年最後のエロゲ発売日ですね。今月は素晴らしき日々 ~不連続存在~ 10th anniversary、天ノ少女と過去二作のリマスター、魔滅姫ミコト~受精必至の異種姦獄~の五本(?)。
純粋な新作はミコト一本なのでイマイチな月でしたね。来月は買うものがないのでより悲惨ではありますが。

すば日々はエロゲやり始めた頃にプレイ済みでフルボイスHD版は買うだけ買って積むという状況でしたが、今回は終ノ空とそのリメイク版目当てで何故かHD版出したばかりのすば日々が抱き合わされたヤクザエディションを購入。
こういう売り方はほんとエロゲ業界の良くないところ出てると思います。
やるならまず終ノ空オリジナル版からですねぇ。リメイクもCG・シーン枠的に大したボリュームなさそうなのでまあ近い内に。今やってるアイこめが終わった後の気分次第ですね。


天ノ少女は殻だけやって虚積んでるんですけど、杉菜水姫の絵がこの世で一番好きなのでいつも通り予約。クロカシから虚辺りが全盛期でflowersからブランドも絵も一気におかしくなってしまったなぁという感じですが。

過去作も初回版だったりパラノイアを所有しているんですけど、グラフィックをリファインしている(まだ確認していませんが、たぶん画集の時みたいに顔だけ描き直してる感じですかね)というのと天のお洒落パケと揃えたかったので新たに買いました。
……が、なにやら天はエロがないそうで酷く萎えました。というか実際そうでした。
私はあまりミステリに興味がないですし、イノグレ作品もシナリオは大して面白くないという評価なんですけど、杉菜水姫の絵は本当に唯一無二としか言い様がありませんでしたからね。この絵でのエロというのに無上の価値を感じていたんですよ。
実際今までのイノグレって虚はちょっと少なかったですけど、基本的にシーン数自体は普通で内容もちゃんとしてましたからね(特にクロウカシスが良かったですね。あかね凌辱は今でもたまに使います)。
それがここにきてほぼゼロと。何考えてるんでしょうね。そんなにエロいのやりたくないならflowersの時みたいにこの媒体を放棄すればいいじゃないかと。

私は基本的にクリエイターはユーザーの意見など聞かずに好き勝手に自分がいいと思うものを出せば良いと思っています(出てきたものに不満を言わないわけではない)。
快適なプレイ自体に影響してくるシステム周りとかには耳を貸すべきですけど、そういったところから離れるストーリーとか売りになるゲーム性の部分とかはもう本当に好きにやれとしか思いませんね。必要性があるというなら眼鏡キャラから眼鏡途中で取るとかNTRとかもやれば良いです(そういうのを引いた際に納得がいかなかった場合は個人的にこういった場で不満は言いますが)。

が、それでもこの媒体を選んだのにエロ自体を消してしまうっていうのはそういう次元の問題ではないというか神経を疑いますね。


ミコトはジェントル佐々木絵の異種姦ゲーということで突撃。Erewhonやってから本当にこの方の絵に魅了されてしまいましたね。
内容的にはわるきゅ~れ版対魔忍ですね、はい。価格相応に手堅くまとめてきたなという感じですが、わるきゅ~れなのでやはりエロシーンのテキストの合う合わないはハッキリ分かれるだろうなと。
今回は久しぶりにやりましたが、実況成分濃すぎて苦笑い不可避という感じでした。
まあ、最近は本家の対魔忍がソシャゲばかりな上に凌辱絶対描きませんみたいなヒロインすらそこそこ出てきているので、あちらに不満がある方は代わりに良いかもしれません。少なくとも絵に関しては負けず劣らずですしね。
あとミコトのほうが断然見た目が好みなんですけど、声優がちょっと合わなかったですね……。


今月はこんな感じでした。現在はアイこめプレイ中で楽しんでいます。残業がまだ続いているのでプレイできない日が多いですが……。
ともかく、さくレットのお陰でエロゲモチベも割と高めなのでお正月もなにかしら崩して感想上げていきたいですね。
それでは良いお年を~。